スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

子どもアレルギー ステロイド剤

2010.12.03 (Fri)

皆さん「ステロイド」と聞いただけで、強い薬とか身体に良くない
と思われがちですが、確かに薬なので身体に良いものではありませんよね。

でも、アレルギーで強い症状が出ている場合は、使用した方が治る近道に
なることがあります。

効力の弱いもの や 余り効かないにも関わらずダラダラ使うとか、
効力の強いステロイドをすぐ良くなったら止めるというように
中途半端に使用せず、よく効くグレードのステロイドを軽快するまで
使用してから、量を減らすか止めるかというように
メリハリの治療が大切です。

とはいえ、長期に使用するのは、決して良いことではありません。
ステロイドを使用する時は、減量や離脱を念頭に置いて使用することです。

特に顔・首などは副作用が出やすいので、注意する必要があります。

ステロイドを塗っていると外気のウイルスなどに対して抵抗力が
弱くなります。その為トビヒやニキビなどの二次感染を伴う場合があるので
十分注意してください。

まれに、ステロイドのアレルギーの方もいるので、使用しているときは
子どもの様子をしっかり見てあげましょう!!


まあ、何といっても薬は身体によくありません。どんな薬でも長期使用はやめましょう!
薬に依存してしまう方もいるので、くれぐれも気をつけて!

薬は使うのであって、薬に支配されないでください。

自分の身体を信じてください。
きっと、良くなりますから。


byいきまる


テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

09:00  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子どもアレルギー やっかいもの

2010.11.30 (Tue)

息子の担当医に、言われたことがあります。
「小麦はきちんと治しておかないとやっかいですよ」
と・・・

先日も書きましたが、小麦は比較的治りやすいと云われていますが
担当医いわく、
小麦は、皮膚表面に出る症状が比較的軽いことが多いが
慢性的なアレルギーになりやすい。
つまり、小児時期になった食物アレルギーを症状が軽いため
分からず食べ続けていると、児童時期になっても治らず、
症状が悪化し、治りにくくなる。
ということらしいのです。

牛乳も同じことが言えるそうです。
牛乳の場合は、他のアレルギーとも関わりを持ちやすく
やっかいな食物だそうです。

そうですよね!
だって動物の中で、他の動物のお乳を飲んでいるのって
人間ぐらいなもんですよね~
まあ、それが良いのか悪いのかは、よく分かりませんが
自然の摂理に反しているような気はします。

すぐ症状として出るアレルギーも大変ですが、
分かりにくい、というのも困りものですね!

早期発見、早期治療はやはり大切です。
病院へ行くのを嫌がらず、面倒くさがらず
ちゃ~んと検査を受けてくださいね♪


byいきまる



テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

12:58  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

がんになりやすい生活習慣 3

2010.11.24 (Wed)

5.たばこを吸い続けている

  喫煙をすると、肺がんや喉頭がんなどになる
  確率は明らかに高くなります。
 

6.運動をほとんどしていない
  
  運動をしないと夜に寝にくくなり
  24時間の生活リズムが狂いやすくなります
  運動は新陳代謝を活発にしますし
  食欲も増進するという利点もあり
  ストレスの解消にも有効です
  ただ、激しい運動は活性酸素を多く
  してしまい逆効果になってしまいます

  一番良いのはウォーキングです
  一日6千から1万歩を歩いてください

できるだけ、エレベーターやエスカレーターを使わず
階段を使うだけでも結構ちがいますし
通勤で一駅手前で降りて歩くなどなど少し工夫すれば
できそうですよね

by 白ひげ



テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

09:15  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

子どもアレルギー アナフィラキシー

2010.11.23 (Tue)

息子が始めてアレルギー反応を起こした時、
アナフィラキシーを起こしていました。

アナフィラキシーとは、ショック症状のことを言います。
どのようなショック症状かというと、ぐったりしたり、
血圧低下して鼓動が早くなったり、意識障害などですが
子供などは眠くなって、食べた後すぐ寝るのも症状のひとつなのです。
皮膚症状、消化器症状、呼吸器症状などに伴ってくる場合や、一気に突然発症する場合もあります。

息子ちゃんは、うどん(小麦)を食べた後すぐ寝たかと思ったら
起きて、吐いて蕁麻疹が体中に出たんです。
あの症状は、アナフィラキシーだったんですね!

あーーー怖い怖い!!




テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

09:30  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

がんになりやすい生活習慣 2

2010.11.22 (Mon)

3.慢性的な睡眠不足
  快眠のすすめにも書いたように
  夜間の睡眠では、副交感神経が活性し
  リンパ球を増やします。
  リンパ球が増えると免疫力は向上します

  睡眠不足になってしまうと免疫力が低下してしまいます
  リンパ球を増やし免疫力を向上させるためには睡眠が不可欠です

  通常、健康を保つためには。7~8時間の睡眠が望ましいといわれていますが、
  免疫力を上げるためには9時間の睡眠がいいともいわれています

4.食事や睡眠が不規則
  24時間のリズムが不規則になると
  新陳代謝などがスムーズにいかなくなり
  免疫力が低下してしまいます
  暴飲暴食 夜ふかしは控えましょう


 またまた
ここまで書いて気がつきました
早く寝よっと

深夜にこのブログ読んでいただいている方

とりあえず、寝ませんか?

by 白ひげ








テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

03:35  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。