FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

子どもアレルギー 入浴について

2010.11.14 (Sun)

アトピー性皮膚炎の場合、特に入浴後は気をつけてあげてください。
いきまるの時も子供の時も、入浴は結構たいへんでした。

入浴後は肌が乾燥しやすく、身体が暖まるので痒みが増します。
なので、刺激をなるべく少なくするために身体は、手で洗っていました。
ゴシゴシではなく、撫でるように☆☆☆
それで十分汚れは落ちます。
お湯加減はぬるめで、38度にしていました。
冬場は、さすがに寒かったので、39度の温度で入浴していました。
ぬるいお湯なので、長く入っていたいところですが、
なるべく短時間でササッと出ます。



More・・・

アトピーがひどくなると、皮膚がジクジクしたりします。
その場合は、入浴前などにイソジンの原液や薄めたもので洗ったり、
塗布させたりする場合もあります。

いきまるもひどい時はしていました。
幸い子供は、ここまでひどくなることはありませんでした(^^)


お風呂から出たら、
発赤があるところ
痒いところ
傷のあるところ
ジクジクするところ
には、軟膏を塗って、それ以外のところには、保湿剤を全身に塗っていました。

ステロイドを塗る場合もあったけど、それはひどいところだけ
そのひどい箇所も何度か塗るとマシになってきます。
そしたら、すぐ止めて保湿剤を塗り乾燥をふせぎます。

ステロイドも長期にわたって塗り続けるのは、良くないけれど
ひどい部分など、短期間で、自分で様子を見ながら上手く使えば効果があります。
自分の身体の状態をよく知っておくということは大切ですね!


いきまるも子供も今でも身体を洗うのは、手で洗います。
特に子供は、手で洗う方が楽しいようで遊びながら洗っています♪

入浴時間は今では、少しぬるめのお湯で好きなだけ入っていられます。
お風呂に子供と二人で、痒みを気にせず入っていられる時に
じんわりと幸せを感じられます♪♪♪



byいきまる






スポンサーサイト

テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

09:18  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/291-cb427bc0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。