スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

快眠のすすめ

2010.11.06 (Sat)

自律神経には交感神経と副交感神経があり

日中の起きている間は、交感神経が働き
顆粒球が増えるといわれています。
顆粒球は、細菌などを処理する炎症物質です。
ただ、顆粒球が増えすぎてしまうと、体中に
炎症物質を散らし、慢性疲労を起こします。

一方、夜間の睡眠では、副交感神経が活性し
リンパ球を増やします。
リンパ球が増えると免疫力は向上します

顆粒球とリンパ球は、一方が増えると他方が減るという
関係ですので、睡眠不足になってしまうと顆粒球ばかり
増えてしまい、免疫力が低下してしまいます。

リンパ球を増やし免疫力を向上させるためには睡眠が不可欠です

通常、健康を保つためには。7~8時間の睡眠が望ましいといわれていますが、
免疫力を上げるためには9時間の睡眠がいいともいわれています

それと、できるだけ早く休む
22時に寝るほうが24時に寝るのより早く疲労が回復します。


やっぱり、早寝早起きがいいってことですよね

by 白ひげ
スポンサーサイト



テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

09:14  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/283-de19667d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。