スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

妊婦の子宮頸がんが増えている!!

2010.10.23 (Sat)

国立循環器病センターなどの調査でわかったことです。

調査内容は
分娩を行う全国約1500施設を対象に、
2008年1年間に子宮頸がんと診断された妊婦の数などについて質問をした。

回答率51%で、患者数は計162人(平均年齢31・7歳)
70%は早期がんで、子宮を一部切除し妊娠は継続できたが、
子宮を全摘し、中絶の対象となった進行期の患者も44人いた。

回答結果から
妊婦10万人当たり約30人が発症していると推定され
そのうち、約9人はやむなく中絶して、今後、出産は
難しくなっています。

出産を終えた50歳代だった発症のピークが若年化し、
逆に出産年齢が高くなったことで
発症と出産の時期が重なってきています。

やはり、少子化対策を考えても
子宮頸がんのワクチン接種と検診は大切ですよね。


by 白ひげ



スポンサーサイト



テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

08:56  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/269-640acf86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。