スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

マクガバンレポート

2010.10.21 (Thu)

マクガバンレポートは
アメリカで1969年から始まった
「栄養と所要量に関する上院特別委員会」
が1977年に発表した報告書のことです。
「栄養と所要量に関する上院特別委員会」
の委員長がマクガバン上院議員だったことで
この名前で呼ばれています。

委員会は膨大な資料を集め5,000ページに及ぶ
レポートですが、内容は

「心臓病やがん、脳卒中、糖尿病など、
 アメリカの主要な死因となっている病気は
 食事に大きく起因する食原病である。
 間違った食生活の改善が必須で、薬では治らない。」
と結論づけています


具体的な指針として
「未精製の穀物、野菜、果物、鶏肉、魚、低脂肪乳を増やし、
 肉類、卵、脂肪、バター、砂糖、塩分を減らす」
ことを提言しています。

30年以上前にアメリカではこんな報告があったんですね

具体的な指針については次回に

by 白ひげ

スポンサーサイト



テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

08:45  |  私たちの食卓  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/267-44d216fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。