スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

肺腺がんと 肺小細胞がん

2010.10.07 (Thu)

最近、肺腺がんとか 肺小細胞がんとは
肺がんとどこが違うのかという質問があったので
少し書いてみます。

答えはどちらも肺がんです。

日本人の死因のワースト1位はがんということは知っている人が
多いと思いますが、
がんの中でも一番死亡者数が多いのが肺がんです。

男性のほうが女性より3から4倍多くダントツ1位、
女性は大腸がんに次いで2位です

罹患数と死亡数に大きな差はない。
(これって、生存率が低いということですよね)





More・・・

そして、肺がんにも種類があります。

肺がんは、小細胞がんと非小細胞がんの2つの型に大きく分類され、
非小細胞肺がんは、さらに腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、
腺扁平上皮がんなどの組織型に分類されます。

腺がんは、最も発生頻度が高く、
男性の肺がんの40%、
女性の肺がんの70%以上を占めています。

次に多い扁平上皮がんは、
男性の肺がんの40%、
女性の肺がんの15%を占めています。

小細胞がんは肺がんの約15~20%を占め、
増殖が速く、脳・リンパ節・肝臓・副腎・骨などに
転移しやすい悪性度の高いがんです。


喫煙と肺がんの関係は

喫煙者は非喫煙者に比べ、
肺がんになる危険性が日本では
男性が4.4倍
女性は2.8倍

ちなみに欧米では20倍以上といわれています。

組織型別では、
扁平上皮がんについては
男性12倍、女性11倍

腺がんについては
男性2.3倍、女性1.4倍

喫煙との関係が深いのは扁平上皮がん、小細胞がん

非喫煙者の女性の肺がんは腺がんが多い


欧米では、たばこが肺がんの発生原因の90%とされていますが、
日本では、男性で68%、女性では18%程度と推計されています。


たばこが値上がりしたし、喫煙者が減るでしょから少しは肺がん減るかな?
でも、最近は腺がんが増えてきているんだけど・・・・

by 白ひげ

スポンサーサイト

テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

09:00  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/253-e6d83ae4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。