スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

「笑いは最高の抗がん剤」という落語会

2010.10.05 (Tue)

先日、東京の深川で肺小細胞がんから生還された樋口強さんが
年に1回の「いのちに感謝の独演会」を開きました。

今年も満席で、笑いあり、涙ありのとても楽しい高座でした。

樋口強さんは14年前に肺小細胞がんで手術と抗がん剤治療で
生還されたのですが、大量の抗がん剤使用の後遺症で現在も全身のシビレが
残っています。

樋口さんはプロの落語家ではありませんが、
新潟大落研出身
会社員になってからも社会人落語の選手権で優勝した経歴があり、
腕前は、相当なもの

自分自身も抗がん剤治療の苦しい副作用の中で聞き直した落語のテープで救われたそうです。

手足の感覚は失われたままでも、1年に50回以上の口演や講演をこなし、
「二つ目の命を大事に生きよう」と訴えています。

笑いは自己治癒力を向上させます。

やっぱり、笑いは心の栄養ですよね

by 白ひげ
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

09:24  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/251-e82e1e3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。