FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--:--  |  スポンサー広告

「笑い」と「音楽」そして「Kiss」がアトピーを救う!Ⅲ

2010.09.18 (Sat)

「笑い」と同様に「音楽」もアトピーを救うのです!
音楽を聴いてリラックスしたときもアレルギー反応は低下するのです。

音楽療法があるように、音楽には「癒し」の力があります。
胎児のためにクラッシック音楽を聴くなどといったこともやっています。

いきまるも妊娠中聴いているときは、必ず寝ていました。
これも、「癒し」の力なんです!

その「癒し」の力がアレルギー反応を軽減させてくれるのです。





More・・・

アトピー症状のある人が音楽を聴く前と聴いた後では、
総IgE(アレルギー抗体)とラテックス特異的IgEに変化がでることが分かっています。
 ※ちなみに「ラテックス」とは・・・
  ゴムの成分。ゴムの木の樹液より作成しますが、ゴム手袋の使用増加が
  飛躍的に増え、ラテックスアレルギーが世界中で増えています。
  ラテックスアレルギーの場合、キウイ、バナナなどフルーツにも反応する
  場合があります。

しかし、どんな音楽でも良いと言うわけではありません。
クラッシックが良いというのは、よく知られている話ですが、
クラッシックの中でも「モーツァルト」の曲を聴かせると、
総IgEとラテックス特異的IgE生産が減少したのです。
しかし、「ベートーベン」の曲では変化が見られませんでした。
同様にバッハ、シューベルト、プラームスでも
ベートーベン同様効果がありませんでした。
その理由はまだよく分かっていませんが、
モーツァルトの音楽を聴いたときに出る脳波である、α波に関係あると言われています。
α波はリラックスした状態になると出やすいとされています。

世の中、心も身体も緊張することが多く、リラックスしにくくなっているのかもしれません。
リラックスがどういうことなのかも知らないのかも・・・と思うことも多々あります。

リラックスし、心と身体の緊張をほぐすことも「栄養パズル」のひとつのピース
なのではないでしょうか!

byいきまる




スポンサーサイト

テーマ : アトピー・アレルギー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

09:13  |  病いと身体  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://9ual.blog117.fc2.com/tb.php/233-38bed755

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

..........................................................................................
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 健康ブログへ
応援ありがとうございます。m(_ _)m
..........................................................................................

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。